膣のゆるみが気になるなら筋肉を付けよう!

女の人

女性特有の悩み

困る女性

体操を習慣にする

女性特有の悩みとして膣のゆるみがあります。加齢と共にゆるくなるのは仕方ありませんが、出産などで急速にゆるくなってしまう事があります。ひどくなると入浴中に膣にお湯が入ってしまったり、パートナーに指摘されたりと深刻な悩みに発展する場合もあります。また高齢者だと子宮脱など深刻な状態になってしまうケースも少なくありません。誰でも加齢によりゆるみが生じますが、膣を締める体操を毎日行う事で予防する事が出来ます。またゆるんでしまった状態を改善する効果も期待出来ます。毎日数分程度の簡単な体操になりますので、すぐに挑戦していく事をおすすめします。体操の方法はいくつかありますが、まっすぐに立ってつま先立ちをします。その際に下腹部に力を入れる方法があります。

必要な治療を受ける

膣のゆるみの状態は個人差があります。体操では改善が見られなかったり、ゆるみの症状が生活に支障がある場合などは、婦人科を受診して相談してみる事です。適切なアドバイスを得る事が出来ます。ちょっとした施術を受ける事で改善する場合もあります。早めの対応により、無駄に悩まずに済みます。誰でも経験する事なので、まずは必要な治療を受ける事です。その後も膣を締めるトレーニングを続ける事で予防が可能になります。症状がひどい場合は専門家に相談するのが一番です。下腹部の筋肉の低下が原因になりますので、骨盤底筋を鍛えるメニューでトレーニングを行うと効果的です。この部分を鍛える事は尿漏れなどの予防や改善にも繋がります。